2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE

2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE

5位につける速さを見せながら、惜しくも中盤でリタイヤ

2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE宮城県のスポーツランドSUGOで7月23、24日に開催されたSUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」。5月21、22日に予定されていたシリーズ第3戦オートポリスが中止になり、第2戦の富士から2カ月半ぶりのレースとなりました。この間に2度の公式テストが行われており、今シーズンから投入した新型Audi R8 LMSのセッティングが進み、戦闘力はさらに高められています。
23日の予選では、それを証明するようにQ1を担当したリチャード・ライアン選手がトップから0秒729差、1分18秒899のタイムをマーク。Q2では藤井 誠暢選手がそれをさらに縮めたものの順位は変わらず7番手となり、3戦連続で1桁台のスターティンググリッドを手に入れています。
翌24日は朝のうち霧雨が路面を濡らしていましたが、スタート前にはドライコンディションとなり決勝レースが幕を開けます。ファーストドライバーの藤井選手はトップを走るJAF-GT300MCとほぼ同じようなラップで周回を重ね、5位へ順位を上げ32周を走り終えてライアン選手へバトンタッチ。素早いピットワークで順位をキープしつつ、ライアン選手はさらに上位を狙って果敢にアタックしたのですが、Audi R8 LMSは左ドライブシャフトを破損。ピットにたどり着いたものの、残念ながら39周でリタイヤとなりました。
しかし、安定したラップタイムを刻んだ藤井選手が「スタビリティが上がり、とても走りやすくなった」と話すように、マシンの熟成は確実に進んでいます。Audi Team HitotsuyamaのAudi R8 LMSの後半戦の活躍にご期待ください。なお、第4戦SUGOではもう1台のAudi R8 LMSを走らせるTEAM TAISAN SARDが19位で完走しています。
さて、中止となった第3戦オートポリスの代替開催が検討されていましたが、第8戦のもてぎGT250㎞レース(11月11日~13日)を“熊本地震復興支援大会”(仮称)と位置付け、2レースを開催することになりました。11月11日が練習走行、11月12日がRd.3代替の公式予選、決勝、そして11月13日がRd.8の公式予選、決勝というスケジュールで、シリーズは当初の予定通り全8戦で争われることになります。

2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE

2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE

開催日:7/23-24
開催サーキット:スポーツランドSUGO
天候:曇り
決勝開始時刻 : 14:06 終了時刻 : 15:48

出走台数 :28台

ドライバー:リチャード・ライアン/藤井 誠暢
決勝周回数:70
決勝ベストラップ : 1'20.053

パドックパス プレゼントキャンペーン

Audi Team Hitotsuyama

SUPER GTシリーズ各戦10組20名様パドックパスプレゼント

Audi R8 LMSが出場するSUPER GTシリーズ各戦に10組20名様をご招待。
本キャンペーンオリジナルのピットツアーにもご参加いただけます。
日本最高峰レースの臨場感と他にはない特別感を、Audi Financial Servicesがお届けいたします。