2016 AUTOBACS SUPER GT Round6
45th International SUZUKA 1000km

2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km

長丁場をミスなくクールに走りきり、6位入賞!

2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km前戦の好成績を受けて士気の上がるAudi Team Hitotsuyamaは、8月27、28日に第6戦「鈴鹿1000km」に臨みました。ロングディスタンスとなる鈴鹿は、昨年5位に入賞するなど相性のよさを感じさせる舞台。期待が高まりますが、今回は富士で2位を獲得したため46kgのウエイトハンディを搭載してのレースとなります。これがタイムにどのように影響するのか? 信頼性が高まり、セッティングも煮詰められてきたAudi R8 LMSで、ぜひハンディを跳ね返してほしいところです。
さて27日の予選ではリチャード・ライアン選手がQ1を担当し、1分59秒949をマーク。この時点ではQ2進出が危ぶまれましたが、順位の繰り上げがあり14番手でQ2へと駒を進めます。そしてQ2は藤井誠暢選手が走り、決勝は最終的に12番手スタートとなりました。
翌28日は朝からあいにくの天気でしたが、決勝レースが始まる頃には雨が上がり徐々に路面が乾いていきました。そんな状況でスリックかレインかタイヤの選択が分かれる中、Audi Team Hitotsuyamaはスリックタイヤでグリッドにつきます。
スタートドライバーはリチャード・ライアン選手で、順調に周回を重ね一時は4位にまでジャンプアップ。ただし、これはピットストップのインターバルを長めにして、最後のストップをドライバー交替と短い給油だけで済ませることで差を縮めるという作戦をとっていたためです。鈴鹿1000kmでは最低5回のピットストップが義務づけられており、ピットワークが順位を左右することも。そのため、Audi Team Hitotsuyamaはこのような戦略を選択したのです。
その後も、ライアン/藤井両選手はミスなく周回を重ね、また5回のピットストップもスムーズにこなし、一桁台のポジションを維持。そして終盤には6位にポジションを上げレースを終えました。
ウエイトハンディの影響は感じられたものの着実に入賞を果たした鈴鹿1000kmは、終盤戦のさらなる飛躍を予感させます。次戦はタイでのレースとなりますが、Audi R8 LMSの活躍にご注目ください。なお、第6戦では、もう1台のAudi R8 LMSを走らせるTEAM TAISAN SARDも20位で完走しています。

2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km

2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km

開催日:8/27-28
開催サーキット:鈴鹿サーキット
天候:曇り
決勝開始時刻 : 12:39 終了時刻 : 18:24

出走台数 :28台

ドライバー:リチャード・ライアン/藤井 誠暢
決勝周回数:161
決勝ベストラップ : 2'01.301

パドックパス プレゼントキャンペーン

Audi Team Hitotsuyama

SUPER GTシリーズ各戦10組20名様パドックパスプレゼント

Audi R8 LMSが出場するSUPER GTシリーズ各戦に10組20名様をご招待。
本キャンペーンオリジナルのピットツアーにもご参加いただけます。
日本最高峰レースの臨場感と他にはない特別感を、Audi Financial Servicesがお届けいたします。