2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE

2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE

幸運を掴みきれぬまま、20位で走りきる

2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE2ヵ月あまりの間隔を空け、戦いの舞台は宮城県のスポーツランドSUGOへ。SUPER GT第4戦が、7月22-23日に開催されました。
予選を前に行われた公式練習で、Hitotsuyama Audi R8 LMS は10番手の好タイムをマークし、相性のいいテクニカルコースということもあって期待が高まります。そしていよいよ公式予選。まず上位14台が次のステージへ進むことができるQ1は、リチャード・ライアン選手が担当しました。しかし、タイムアタックのタイミングと車両コースアウトによる赤旗中断が重なってしまいます。再度アタックを試みるも12番手にとどまり、なんとかQ2に進出しました。続くQ2は柳田真孝選手にステアリングを託しますが、エンジンが吹け上がらないというトラブルにより最終コーナーでストップ。結局、決勝レースは13番グリッドからのスタートとなりました。
翌23日決勝レース、スポーツランドSUGOは朝から雨が降ったりやんだりと、タイヤの選択が難しい天気となりましたが、Audi Team Hitotsuyamaはリスクをとることなくレインタイヤを装着し、柳田選手がグリッドにつきます。スタートではスリックタイヤを履いたGT500のマシンがGT300のマシンに追い抜かれるなど混沌とした展開になったものの、柳田選手は冷静な走りで11番手にまで順位を上げます。しかし、GT300のマシンがHitotsuyama Audi R8 LMSに接触し柳田選手がスピン。これにより15位までポジションダウンし、38周を終えたところでライアン選手に交代するためピットインしました。ちょうどこのときセーフティカーが導入されたため、ピットストップのロスを最小限にとどめることができ、一気に優勝が見えるほどの好位置につけます。ところがコースに復帰後すぐにHitotsuyama Audi R8 LMSの右リアタイヤが脱落。なんとか3輪走行でピットへ戻りますが、最終的にはトップから6周遅れの20位完走となりました。
前戦に続いて不運が重なったレースとなりましたが、チームのモチベーションは落ちていません。今後もぜひたくさんの応援をお願いいたします。なお、もう1台のAudi R8 LMSを走らせるTEAM TAISAN SARD R8 FUKUSHIMAは18位で完走しました。

2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE

2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300km RACE

開催日:7/22-23
開催サーキット:スポーツランドSUGO
天候:曇り時々雨
決勝開始時刻:14:35 終了時刻 : 16:44

出走台数 :28台

ドライバー:リチャード・ライアン/柳田 真孝
決勝周回数:77
決勝ベストラップ : 1'20.412

パドックパス プレゼントキャンペーン

Audi Team Hitotsuyama

Audi R8 LMSが出場するSUPER GTシリーズのパドックパスを、Audi Financial ServicesのSローン/オーナーズプラン/オートリース等ファイナンス商品をご利用中のお客様の中から、各戦10組20名様にオリジナルパスケースに入れてプレゼントいたします。

さらにAudi Team Hitotsuyamaのピットが見学できるピットツアーにもご招待いたします。