Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL

2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL 2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL
  1. Home
  2. SUPER GT
  3. Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL

決勝では8つ順位を上げ、
11位でフィニッシュ
2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL

2018年11月10日-11日、SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。2014年以来、毎回入賞、そして2016年の第3戦には優勝を果たした、Hitotsuyama Audi R8 LMSが得意とするコースが舞台となるだけに、なんとしても表彰台に立って2018シーズンを締めくくりたいところです。
1日目の10日は、公式練習が行われた午前中こそウェットコンディションだったものの、午後には天候が回復し予選はドライコンディション。ノックアウト方式で行われるQ1は富田竜一郎選手が担当しましたが、1分47秒702のタイムで19番手となりQ2進出を逃してしまいます。公式練習ではリチャード・ライアン選手、富田選手ともタイムが出て好調だっただけに、悔しい結果となりました。
そして好天に恵まれた11日の決勝レース。昨年のもてぎではライアン選手が最後尾スタートから暫定トップまで追い上げるという素晴らしい走りをみせており、今回もライアン選手に望みを託します。ライアン選手はチームの期待に応え、オープニングラップで4台をかわし15番手にポジションアップ。さらに4周目にもひとつ順位を上げて14番手に浮上しました。
実は今回のレースでは、昨年に倣って予定していたことがもうひとつありました。それはタイヤ無交換の作戦です。ところが天気がよく気温が想像以上に上がったこともあり、ライアン選手はリヤタイヤを労りながら23周を走りピットイン。リヤ2本を新品タイヤに交換し、富田選手にドライバー交代します。富田選手は果敢な走りを重ね、38周目には11番手まで順位をアップ。しかしポジションアップもそこまででした。惜しくも入賞には届きませんでしたが、Hitotsuyama Audi R8 LMSの優れたパフォーマンスの一端は見せることができました。なお、もう1台のAudi R8 LMSを走らせるTeam TAISANは16位で完走しました。
相次ぐアクシデントなどによって今年は悔しいシーズンとなりましたが、Audi Team Hitotsuyamaはすでに来シーズンに向けて動き出しています。良い部分、悪い部分をしっかりと整理して改善していくとともに、2019年仕様のニューマシンAudi R8 LMS“EVO”も仮押さえしているとのこと。期待に応えられる体制で臨みますので、引き続き温かい応援をいただければ幸いです。

2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL 2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL
2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL 2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL
2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL
開催日:11/10-11
開催サーキット:ツインリンクもてぎ
天候:晴れ
決勝開始時刻:13:37 終了時刻 : 15:08
出走台数 :29台
ドライバー:リチャード・ライアン/富田 竜一郎
決勝周回数:49
決勝ベストラップ : 1'48.141

サーキットでAudi R8 LMSを体感

SUPER GTシリーズのパドックパスを各戦10組20名様にプレゼント。
Audi R8 LMSの活躍を間近で楽しむことができます。

詳しくはこちら