現在このサービスは利用できません。時間をおいて再度お試しください。

woman-smiling-looking-down-Stage.jpg

求める人材像・働く魅力

人事部長がインタビューを通してお答えします。

求める人材像・働く魅力

どのような人材を求めているのか。働く魅力は何か。
人事部長に訊いた。

☆MYN_4198_Interview_Natsume.jpg

人事部長

 

01 お客様の期待を越えるサービスの提供

 

まずは、VWグループにおけるVFJの位置づけから聞かせてください。

フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社(VFJ)は、Volkswagenグループにおいて、グローバルに各ブランド(アウディ、ベントレー、ドゥカティ、ランボルギーニ、フォルクスワーゲン等)向けの金融サービスを担当している、独Volkswagen Financial Services AG の100%連結子会社です。

 

日本での事業は、いつスタートしたのですか。

VFJが日本で事業をはじめたのは1990年のことでした。以来、エンドユーザーおよび正規ディーラー向けにさまざまなファイナンスプログラムを提供し、VWグループの自動車販売拡大に貢献してきました。「お客様第一主義」をモットーとした質の高い金融サービスには定評があり、専門機関による顧客満足度調査では常にトップランクに名を連ねています。

 

02 成長を続けるVFJの原動力

 

VFJで働くことの意義、魅力は何でしょうか?

VFJは仕事や人材に対して熱い思いを持っています。互いにあらゆる可能性を模索し、協力しながらゴールを目指していきます。VFJでは実力と意欲があれば若手でも重要な役割を果たすことができます。事実、カーボンオフセットを通じた地球温暖化対策や、カーシェアリングなど輸入車業界初と言われる試みはいずれも若手メンバーの発案です。自らの熱意でトップを口説き落とし、プロジェクトを成功に導きました。他にも、30代で部門のトップとなっている者も何名かいます。

 

外資系企業でも、あまりないケースですよね。

もちろん、これらは組織がコンパクトであるからこそ実現できたことではありますが、チームとしての一体感がVFJの成長を支えていることは間違いありません。

 

03 新たな成長へのビジョン

 

世界的にも経済情勢が大きく変わっていくなか、VFJはどのようなスタンスで臨んでいくお考えですか?

VWグループのさらなる成長に向けて、Volkswagen Financial Services AGは新たなビジョンを提示しており、その中核となっているのが、「FS WAY」です。A Living Commitment to our Customer (お客様へのコミットメント)、Responsibility(責任)、 Trust(信頼)、 Courage(勇気)、 Enthusiasm (熱意)という5つのバリューが掲げられており、VFJ としてもこれらを企業文化の根幹を成す概念として位置づけています。

 

「FS WAY」を社員に徹底していく狙いは何ですか?

自動車を取り巻く状況が大きく変わろうとしている今、私たちはサービスの原点に立ち返り、VWグループの一員として何をすべきかを考え、形にしていく必要があります。「FS WAY」を社員により徹底することが、VFJの進化につながる、そう確信しています。

 

04 求める人材はプロフェッショナル

 

VFJの進化、成長には優れた人材が不可欠となるかと思いますが、求める人材像を聞かせてください。

私たちVFJが求める人材は、「自ら考え、行動し、お客様に高い付加価値を提供できるプロフェッショナル人材」です。具体的には自ら課題を発見し、課題解決に向けて最後までやり遂げる、誰にも引けを取らない専門性と自己成長意欲や向上心にあふれている、周りから信頼・尊敬される―――といった方でしょうか。トップも日頃から、「OPEN MIND(変革に挑戦する気構え)」「TOUGH MIND(気骨、自分への厳しさ)」「TENDER MIND(人とのつながり)」の3つのMINDを強調しています。

 

中途採用への期待や採用ポリシーに何か変化がありそうですか。

設立以降、VFJは事業拡大を続けるなかでも、少数精鋭主義のもと、各分野のプロを即戦力として迎え入れてきました。そのスタンスは今後もおそらく変わらないでしょうが、第2創業期ともいうべき時期を迎えた今、採用にあたってはよりプロフェッショナルとしての資質を見極めていきたいと思っています。

 

05 バランスの取れた生き方

 

VFJへの応募を考えている方に何かメッセージをお願いします。

出身業界にはこだわりませんが、やはり、クルマが好きであるとかVWグループブランドに愛着を持っている方が向いているかもしれません。その上で、自らの専門性を発揮したい、さらに、仕事とプライベートを両立させたいといった希望を高い次元でバランス良く叶えたい方に、VFJをお薦めしたいですね。ワークライフバランスにも、VFJは早くから取り組んできていますから。ハードワークに追われ、大切なものを見失っている方が多いですからね。

そうは言っても、もちろん、仕事には厳しさが伴います。「より良い会社」を作り上げていくためにはやるべきことが多く、しかも自分たちの手ですべてを達成しなければならないからです。VFJは、私たちと価値観を共有できる方のチャレンジをお待ちしています。

 

Recruit

採用情報トップに戻る

詳しく見る